読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生イージーモード

超ポジティブ人間の私が、平凡な日々を楽しくハッピーに変えるメソッドをお伝えします。

メソッドその①~理想に近づいている自覚を持つ~

前記事の続きです。

未だ読んでない方は先にこちら☟をご覧ください。
yukinon.hatenablog.jp




生きているだけで幸せ』と思えるようになるには?

メソッドその①


理想に近づいている自覚を持つ



自分の理想に、一歩ずつ近づいていることを自覚することが大切です。

全然近づいてないよ”と思われるかもしれませんが、
本当にそうでしょうか?


私が“理想の自分に近づいてる
ことを自覚した、過去の経験についてお話します。

高校生のころの憧れ

f:id:yukiyukiyukinon:20170408180922j:plain

小さい頃から『あぁいう風になりないなあ』という
憧れが少しはあったのではないでしょうか。

例えば、女性であればモーニング娘やAKBなどの
アイドルグループを好きになったり
男性であれば仮面ライダーにはまった方も
おられると思います。


私は高校生の時、AKBが大好きでした。

特に自分より3、4歳ほど年上のメンバーを
憧れの目で見ていました。

また、街ですれ違う、綺麗に化粧をして
流行りのファッションをしている大学生に
とても憧れていました。

女子大学生を見かける度に、
当時大学生の兄に『あの人可愛い』『あの人綺麗』
と連呼していました。

しかし兄は大抵『そうか?普通だろ。』と返してきます。

当時は“兄の女性に対するハードルが高すぎるんだ”と思ってました。


今の自分が当時の理想なのかも?

f:id:yukiyukiyukinon:20170408180149j:plain

その後自分が大学生になり、はっと気づかされることがありました。

その日は彼氏とデートで、お店で2人でご飯を食べていた時です。
隣のテーブルに座っていた女子高校生らしき女の子が、

『ねぇ、あの人可愛くない?』
『本当だ!AKBの○○に似てない?』
とこっちを見ながら話しているのです。

その時は耳を疑いましたが、
私が高校生の時に大学生を見つけたら
『綺麗』『可愛い』と連呼していたことを思い出しました。

また、私は顔がどうとかではなく、
綺麗に化粧をして流行りのファッションをしている大学生に
憧れていたことにも気づきました。


そうです、知らぬまに自分が高校生から見る
理想の女子大学生”になっていたのです。

自分の理想に近づいてることを自覚しよう

自分の誕生日に

『昔は○歳って、もっとしっかりしてるものだと思ってたけど
実際になってみると全然しっかりしてないや』

などふと思われることもあると思います。


しかし、それは自覚していないだけで、
昔の自分からすると今の自分は

理想の自分

なのではないでしょうか?



昔憧れてた人やモノを思い浮かべてみてください。

スーツをビジっとキメて着ている人に憧れていませんでしたか?

オシャレな鞄を持っている人に憧れていまんでしたか?


理想の自分に近づいていることを自覚することは、

生きているだけで幸せ”と思えるようになる第一歩です。